ドイツ語から英語への翻訳

私は留学していた時、英語圏でドイツ語を習うという奇行に走りました。その時には、学期末のドイツ語のテストは3時間で、その間にはドイツ語を英語に翻訳するという内容もありました。授業中にもやってきたことなので慣れていましたが、今思うとなかなか貴重な経験をしたなと感じます。

ドイツ語は、英語とルーツが似ています。よって、英語の文法がわかっていればそれになんやかんやややこしいものが付け加えられたようなもので、そこまで難しいものではありません。理解はできるので、あとは慣れとスペルをひらすら覚えるだけです。

そんなドイツ語を翻訳するのは比較的簡単だと思います。英語とドイツ語の違いは日本語ほどないため、単語がしっかりと特定のものと結びつくのです。そのため、近い言葉を選び間違えないようにすることに注意していました。私が知っている英単語は日本語と比べたらそれはお粗末ですから、その特定の単語に行き当たれば割とすんなり訳せるものでした。